花とロック 遠吠えは止まない篇

だって、私はそういう女なの

 衰えた木が蝋燭の明かりに下から照らされて、なんだかホラーっぽいことになっている。どれくらいの頻度で更新すればこの木元気に保てるんだろう、もうこれがなかったらこっちのブログ更新する気が起こらない。すみません。

 先日好きな人とまたご飯に行きましてそんでうちに来てくれはりまして。アイスを置いて行かれたので、これ食べにまたうちに来るそうです。んー。
 あと、「仕事用にエプロンが欲しい(うちの会社では女はなんとなくエプロン男は私服やけどまあきちんとめ、みたいな感じになっているのだが奴はきちんとめな服が苦手で社長に怒られたりし、そして女が適当な服着ててもエプロンしていれば許されるのが羨ましくなったようだ)から金出すし買って来て」と頼まれ、「いやそんなん自分で買わはったらいいじゃないですか」と言ったが「いやお前が買って」と言われ。男物で希望の形のがなかなか無くて探してるけど難儀しているのだが、それを他の人じゃなくて私に頼むのが。利用されてるのかもしれないが嬉しいな、と思ってしまうんですよ馬鹿だから!
 つうかこれ買ってったら、多分で予想なんだけどきっとなんかお礼とか言ってまたご飯行くんじゃねえのかな、そんでまたうち来るんじゃねえかなあの人は。

 なんかどうしたいのか全然掴めない。付き合ってはくれないんですよ、でもご飯行ったりうち来たり密室であれこれしたりすんですよ。デートって表現はしないけど予定聞いてきて「俺は何日やったら空いてる」とか言ったりすんですよ。自分のこと好きな女になんでそういう態度取るのか分からない。普通付き合うって前提が無かったらそういうことはしないんじゃねえの?
 自分の経験不足がもどかしい。周囲に師匠的な女子はいっぱいいるのに!
[PR]



by clasher-inthesky | 2011-06-25 03:10 |
父さん母さん 今までごめん 膝を震わせ 親指しゃぶる 兄さん姉さん それじゃあまたね 冴えない靴の 踵潰した
by clasher-inthesky
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

ファン

ブログジャンル

画像一覧